テーマ・キーワード検索

テーマから選ぶ
キーワードで検索

正しい名刺交換の方法

正しい名刺交換の方法
簡単に見える名刺交換ですが、自信はありますか?
誰でもときどき間違えます。
礼儀やマナーは、他人のミスをさがすためにあるのではなく、相手も自分も尊重して、心地よい関係を築くためにあります。
マナーに不安があっても落ち着いて、相手を尊重する心構えをする気持ちで確認しましょう。

名刺交換は「やられて嫌なことはしない」という基本から

【名刺交換のタブー】
・「名刺を適当に渡す」
例 ずさんな管理の名刺を渡す。汚い名刺を渡す。テーブル越しに渡す。

・「いただいた名刺を雑に扱う」
例 メモする。折る。忘れて帰る。

名刺のタブーは、「相手が自分をバカにしている」と感じされる行為です。
次は、実際に名刺交換の流れをイメージしてみましょう。

【名刺交換の基本の流れ】
① 「名刺を持って歩み寄る」
名刺入れを手元に用意し、訪問者・下の立場の人から相手に近づきます。

② 「名刺を差し出す」
社名とフルネームを名乗りながら、名刺を片手で持ち、もう一方の手を添えて差し出します。(相手よりも低い位置でお渡ししましょう)

③ 「名刺を受け取る」
(同時だったら……)右手で差出し、左手で受け取ります。

④ 「受け取った後」
右手を添えて「頂戴いたします。よろしくお願いいたします」とあいさつします。会話の最中は、名刺は胸よりも上で持ちましょう。

※「商談で席についた場合」
自分の名刺入れを敷き、テーブルに置きます。仮に複数の人がいた場合は、皆さんの名刺をならべて置きます。名刺をしまうときは、商談が終わるタイミングです。周りの人に合わせてしまいましょう。

基本的なマナーの「両手で丁寧に」と意識するだけで、グッとよくなります。
最後に、「忘れてはならないこと」を確認し、名刺交換の機会を大事にしましょう。

名刺交換ができていない人とは?

「名刺交換ができていない人とは?」と聞くと、どんなイメージですか?
こたえは、「名刺忘れ」です。
よくあることだよね、と許してもらえますが、信用度は下がります。
たとえば、名刺を忘れがちな人を思い浮かべてください。
愛敬でごまかしている姿を浮かべませんか?
物忘れをすると、ミスを巻き返そうと、饒舌になりがちです。

名刺交換で損している人とは?

「名刺で損している人とは?」と聞くと、どんなイメージですか?
こたえは、「記載内容が更新されていない名刺」を使っている人です。
社会人の立場は微妙に変わります。
たとえば、組織の名称・所属・役職・所在地・メールアドレスなどの変更があります。
今ある名刺にボールペンで書きたす人っていませんか?
初対面で、「せっせと書き込んでいる姿」を見せ、スマートではありません。
名刺のチェック漏れは、は自分の損になってしまいます。

まとめ

礼儀を大事にして、気分のいい名刺交換になるといいですね。
基本に忠実になることで、ビジネスチャンスもさらに増えていくでしょう。

名刺デザインカテゴリ

  • エステ・サロン・美容師
  • 日本伝統職向け名刺
  • ビジネス・起業名刺
  • 店舗・ショップ向け
  • まずはざっくりテンプレートを見る

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
会員登録で1,000ポイントプレゼント
9,000円以上お買い上げで送料無料 デザイン名刺20枚お試しキャンペーン 安心システム
ページのトップへ